© 2013 by Kitakamakurahibiki.  Proudly created with Wix.com

  • Instagram
  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page

漢方スタイリストのカレーパウダー

GREEN & RED & YELLOW 限定発売

2017年 JULY-なくなり次第終了

SALON adam et rope'東急プラザ銀座店様、吉祥寺店様、大阪店様ほか

http://salon.adametrope.com

味付けは本品だけ。

具材と水を加えるだけで、本格的でスパイシーなカレー料理のできあがり。炒め物やスープに少量加えても。

 

お鍋ひとつですぐにスパイシー&エスニックなカリー料理を楽しめます。食卓がぱっとエスニックに華やぐ、便利でおいしいカリーMIXです。青唐辛子(赤唐辛子)、ココナッツパウダー、コブミカン、レモングラス、パクチー、ガーリックなどのエスニックな風味と陳皮やジンジャー、八角、花椒などの風味がベストにマッチング。スパイスが気血水の巡りを整える力をサポート。もちろん、化学調味料無添加。

少量を使って炒め物やスープ、揚げたてフライドポテトにさっとふりかけてもおいしい! 

■グリーンカリーブレンドは、小汗をかく辛さが魅力。青唐辛子を中心に、ココナッツミルク、コブミカン、レモングラス、パクチー、ガーリックなどのエスニックな風味と陳皮や生姜、八角、花椒などの風味がベストにマッチング。

麺を入れてグリーンカリーヌードルなどもおすすめです。お好みでパクチーをたくさんトッピングしておたのしみください。

調理例 基本の漢方グリーンカリー

材料 3皿分

□漢方スタイリストのカレーパウダー GREEN 1瓶(50g)

□水100〜150cc(野菜から水が出るので入れすぎないよう注意)

 

□ナス 1本

□鶏もも肉 150g

□ピーマンやししとう 2〜3個(辛いのが好きな人は青唐辛子でもOK)

□赤パプリカ 1/2個

□しいたけ 2〜3枚

□パクチー(トッピング)好みの量

 

つくりかた

  • 具材を食べやすい大きさに切る。

  • 具材と水とカレーパウダーGREENを入れて加熱。好みでパクチーなどを添える。

■レッドカリーブレンドは、深みのある辛さが魅力。赤唐辛子とパプリカを中心に、ココナッツミルク、コブミカン、レモングラス、パクチー、ガーリックなどのエスニックな風味と陳皮や生姜、八角、花椒などの風味がベストにマッチング。チキンやエビ、野菜をさっと炒めてもよく合います。

調理例 牛肉のレッドカレーステーキ

材料 2〜3皿分

□漢方スタイリストのカレーパウダー RED  大さじ2

□ステーキ用牛肉 (食べやすい大きさに切る) 400g

□付け合わせ用 かいわれやミニトマト

□オリーブオイル(炒め用)適宜

 

つくりかた

  • フライパンにオリーブオイルを敷き、牛肉を炒める。好みの焼き加減に焼色がついたら、カレーパウダーREDを混ぜ入れ全体にからめる。蓋をして火をとめて1〜2分蒸し焼きにして完成。かいわれやミニトマトを添える。

■イエローカリーブレンドは、ゆたかなスパイシーさが魅力。赤唐辛子、ココナッツミルク、コブミカン、レモングラス、パクチー、ガーリックなどのエスニックな風味に加え、ウコンや陳皮、ジンジャー、八角、花椒、などの風味と数種のスパイスがベストにマッチング。野菜スープや揚げたてフライドポテトでにふりかけても。

調理例 鶏肉のスパイシーイエローカリー炒め

材料 2〜3皿分

□漢方スタイリストのカレーパウダー YERROW 大さじ2

□鶏もも肉 (食べやすい大きさに切る) 200g

□ピーマンやししとう 2個(辛いのが好きな人は青唐辛子でもOK)

□たまねぎ 1/2個

□パクチー、クコの実 適量(飾り)

□オリーブオイル(炒め用)適宜               

つくりかた

  • フライパンにオリーブオイルを敷き、鶏肉と玉ねぎ、ピーマンを炒めたら、カレーパウダーYERROWを入れてパクチーとクコの実をトッピングして完成。

SALON adam et rope'東急プラザ銀座店様、吉祥寺店様、大阪店様ほか

http://salon.adametrope.com

ライフスタイルとしての漢方について

 

 

ライフスタイルとしての漢方、暮らしに生かしてたのしむ漢方では、

めぐる季節のなかで、体の声に耳を傾けながら

いまの自分に必要な食材やアイテムを選んでいきます。

 

漢方の考え方をベースに、食材やアイテムを “意識”して選び、

日々の暮らしに上手にとりいれていくスタイル。

たのしみながら体を整えていく暮らし方の提案です。

 

「漢方茶」や「漢方スパイス」を暮らしに取り入れていくのも、そのひとつ。

毎日の「漢方ごはん」も、そのひとつ。

身体を本来のベストな状態に戻すための手助けをする「スイッチ」として、

アイテムを選んでいきましょう。

 

人間の身体は本来、自分で自分を健やかに、

きれいに整えようとする力を持っています。

食材は、その力を引き出すきっかけをつくり、

身体のなかで自然治癒力を応援してくれるのです。

 

自分の身体に興味を持ち、季節と呼応しながら「意識していくこと」で、

身体と対話できるようになってきます。

 

体調の変化(身体からの声)に気づける自分でいられるよう、

忙しい毎日のなかでも、

ゆったりと自分と向き合う時間が大切です。

自分らしいスタイルをもって暮らすことで

見えてくるものがあります。

 

たのしい、おいしい、ハッピーが一番。

お気に入りの漢方アイテム探しをしてみませんか。